shutterstock_1904874340

 ロシアのプーチン大統領のウクライナに対する暴挙は、確実に東アジアにも脅威をもたらしています。残念ながら、どんな立派な指導者であっても、長期に1人の人間に権力が集中していい結果を出した試しは人類歴史にはありません。腐敗を呼ぶ専制主義を蔓延らせる世界は今、コロナ禍に次ぎ、危機的状況です。

 日本ではあまり認識のない話ですが、日本が太平洋で台頭するまでは、北米とヨーロッパに囲まれた環大西洋が世界を主導してきました。プーチン氏が口にする「西洋」とは19世紀に世界を仕切っていた環大西洋の先進国を指しており、西洋が今もロシアを弾圧していると不快感を露わにしています。

 しかし、ヨーロッパは20世紀の2つの大戦を経験する中、殺戮と闘争に明け暮れた過去の重い歴史の呪縛を教訓に変えました。今は民主主義を成熟させたアメリカとともに、彼らが信じる自由と民主主義、法治国家の価値観を普遍的なものとして広めようとしています。

 それに対して、過去に西洋の横暴と弾圧を受けたロシア、中国、インド、さらにはイスラム圏が強く反発している形です。これらの国々は19世紀にもヨーロッパ帝国主義で弾圧され、軽蔑され、惨めさを味わった国です。

 弾圧した方は、その過去を忘れても弾圧された方は忘れることはありません。世界は今、西洋の傲慢さから来る過去の横暴な弾圧を持ち出すプーチン氏に驚いていますが、恨みの思想である共産主義を70年も続けた国では、過去の呪縛はそのままの状態です。

 中国も北朝鮮も、あるいは韓国もことあるごとに日本に対する恨み節を唱え、日本はそれに悩まされています。特に本日終了する文在寅左翼政権は、その恨みを思いっきり爆発させ、「悪いのは全て日本だ」といい続けてきました。彼もまた、恨みの左翼思想に染まった政治家でした。

 われわれは今、20世紀を覆った恨みを正当化する共産主義の亡霊に悩まされているといえるでしょう。キリスト教徒でない日本人には理解が難しい話ですが、キリスト教の基本は「汝の敵を愛せよ」で許しが唯一問題解決の方法としています。一方、共産主義は恨みを正当化し、徹底的に敵を潰しにかかる憎しみの思想です。

 無論、キリスト教圏である欧米が19世紀に力による変更をくり返してきた罪は断罪されるべきでしょう。特に第2次世界大戦の連合国側は大戦前に犯した罪が封印されているのも事実です。私はフランスの大学の授業で学生たちに植民地政策について聞いたところ、その是非の議論は聞いたこともないといっていました。

 日韓関係は共産主義以前から恨の文化といって、恨み根に持つことが国の精神文化にしてきた韓国に左翼思想が浸透すれば、恐ろしい結果を産むのは明らかです。その韓国に明日誕生する尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領率いる新政権は、過去の歴史を呪縛ではなく、教訓として生かせるかが問われていると私は見ています。

 ある意味で韓国は今、東アジアのみならず、アジア太平洋地域が世界のキャスティングボードを握るための鍵を握っているといっても言い過ぎではないと思います。韓国が日本とアメリカと1つになることはヨーロッパ、アメリカから受け継がれた普遍的な価値観をアジアでさらに成熟させられる可能性を秘めていると思うからです。

 韓国が中国に取り込まれれば、日本は孤立し、東アジアは危機に瀕するでしょう。韓国にとっては容易なことではないでしょう。なぜなら、朝鮮半島の歴史は中国支配の歴史であり、韓国には小中国という言葉もあるほど、中国の属国を恥じない文化があるからです。

 一方、日本も第二次大戦の呪縛から解放されず、独立した主権国家の体をなしていないまま今日に至っています。プーチン氏は日本が欧米に従ってロシア制裁に加わっている姿を見て西洋のいいなりになる「情けない国」といいました。

 日本政府は自らの主体的意志と選択によって制裁に加わったというべきでしょう。日本はアメリカの忠実な下僕というイメージは、今では世界に定着しています。これでは愛国心の強い韓国も違和感を覚えるでしょう。国家がまさか八方美人的な商人根性で外交を行っているとなれば信用はガタ落ちです。

 韓国の大統領就任式に岸田首相の参加を見送ったことを英断という人もいますが、私は日本が主体的意志を持って日韓関係を重視していることを示す意味では、参加すべきだと思います。

 これまで散々、日本をコケにしてきた韓国が先に方向転換を示すべきという理屈なのでしょうが、日本はそんな低い次元の国ではないはずです。岸田首相は就任式に参加し、日韓関係を重視するよう新大統領に直接訴えるべきです。

 相手の出方がどうであれ、日本は日本で信念を持って自らの意志を示すべきでしょう。今はウクライナ戦争でアジアにも危機が迫っており、日本は明確な姿勢を近隣諸国に示すべきです。それは日米韓がアジア太平洋地域の安全保障の鍵を握るという明確なヴィジョンです。