public speech

 コロナ禍で不安の広がる国民に対して、リーダーは何を国民に語り掛けるかは極めて重要です。ある意味、メッセージの出し方が結果を大きく左右するともいえるでしょう。さりとて日本の菅首相のようにきわめてハイコンテクストの東日本出身者で、なおかつ口の中でモゴモゴ喋る人物は不利といえそうです。

 とはいえ本質的なところで今から雄弁になるのは性格的なものもあり、年齢的にも難しく、さりとて危機を克服するために国民にメッセージを流し続ける必要があるのも事実です。喋れば喋るほど支持率が下がるようではコロナ対策の実効性に影響を与える可能性もあります。

 菅氏が実務派といわれても、首相は実務よりも実務を行う人々を動かし、最重要な仕事は意思決定です。合議制が中心の日本の意思決定スタイルでは、リーダーは調整役、落とし所を見つける役という側面もあります。男社会では「それぞれの顔を立てる」のも重視されます。

 しかし、そのような昭和の慣習では、今のグローバルな危機に立ち向かうのは無理があるし、民主主義の成熟期に入った日本では、国民は政策に納得感がないと自由に批判し、従うことすらしない可能性もあります。意思決定の透明性の問題も公にしたくない裏事情が常に存在し、スッキリしません。

 民主党政権の時のように官僚の仕事を取り上げ、官僚にそっぽを向かれたら、政策は実現できないし、逆に安倍長期政権では官僚が忖度する習慣が蔓延し、結果的に自殺者まで出してしまうこともありました。

 かなりの意識転換が必要ですが、意思決定権者であるトップリーダーは組織の決定を自分の決定として語る必要があります。昨年亡くなった会津なまりで有名な政治家、渡部恒三氏は菅氏と同じ東日本出身ですが、きわめてメッセージ性が強い政治家でした。それは方言丸出しで「私言葉」で喋っていたからです。

 私言葉とは私を主語にした話し方です。例えば「今日は田中君も残って残業してもらうしかない」といわずに「田中君が残ってやってくれたら私は本当に助かる(あるいは本当にうれしい)」といい換えると相手に与える印象が大きく変わります。

 この場合、日本で省略されることの多い「私」を省いても構いませんが、私が主語であることが相手に伝わることが重要です。よく欧米人の上司が日本人部下に対して「君の仕事に私は満足していない」といわれると深く傷つく日本人がいますが、西洋人同士の場合は普通の表現でそこまで傷ついてはいません。

 渡辺恒三氏の政治家としてのメッセージのインパクトは、本音が聞こえてくることです。財務相を務めた塩川正十郎も自分の言葉で喋ることの多い政治家でした。当然、私を主語にした発言も多く、見えやすかったわけですが、無論、首相は私ではなく「政府として」という発言が多くなるわけですが、それでも実際にいういわないは別にして主語を意識して喋ることは重要です。

 それと人は前向きで希望のあるアサーティブなメッセージに好感を持つものです。自分も相手も尊重するアサーティブ表現では以下のような注意が必要です。

・相手の気持ちや考え、要求を尊重すると同時に自分の気持ちや考え、要求をきちっと相手に伝える。➨一方的要求、過剰な気遣いはNG
・まず、相手の意見を注意深く聴く姿勢を示し、同時に自分の伝えたいことも論理性を持ってしっかりと相手に伝える。➨相手の権利の無視、忖度への期待はNG
・相手を攻撃したり、威嚇したりしない。➨相手との優劣を争うことも無意味な我慢もNG
・自分の立場を明確にし、責任の棲み分けを行う。➨安易な責任転嫁はNG
・つねにポジティブで、建設的な対話を心がける。➨ネガティブアプローチはNG
・相手を褒めることで、オープンな対話環境を創り出す。➨上から目線はNG

 リスク・コミュニケーションでは、政策の根拠となる科学的な現状認識を、まずは示す必要があります。「専門家の先生のご意見を踏まえ」では、話者自身の判断の根拠の中身が見えません。さらに政策の実効性について自分の言葉で自信をもって説明すべきでしょう。

 それと政治家だけでなく、すべてのリーダーにとって構成員との共感は極めて重要です。そこでも自分の言葉が必要です。コロナ対策では感染の恐怖と生活不安がいつまで続くのかは国民の置かれた共通の状況です。真っ先にワクチン接種が受けられ、給料が減ることのない政治家や役人は国民の不安を受け止めるのは容易ではありません。

 しかし、そこで想像力を働かせるのが政治家です。逆にいえばどこを向いて政治を行っているかが分かってしまうともいえます。利権圧力団体や族議員、官僚を向いて政治を行っているのか、国民に向いているのかが問われるということです。市民や国民が視野にない昭和の政治家は少なくありません。

 勉強不足もメッセージに出てしまいます。今なら感染症の権威ある経験豊かな専門家と接する機会の多い政府中枢にいる政治家は、感染症について学ぶチャンスです。疫病は有事であり、戦争と同じ程度に健康の安全保障の中心にあるもので、疫病自体は聖書の創成期にすでに登場しているくらい人間と深い関わりがあるものです。

 共感を得られるメッセージは、リスク・コミュニケーションの鍵を握るものです。性格は直せませんが、改善はできます。私は数多くのコミュニケーション研修で実際に改善の可能性を試してきました。

ブログ内関連記事
コロナ禍で露呈した2つの問題 日本の意思決定とリスクコミュニケーションの改善が急がれる
国民に甘える日本の指導者 国民の良識頼りでコロナ抑止の優等国を続けられるのか
重要さ増す確認と共感による指導 方法論に堕したリーダーはリモートワークで成功しない
共感の時代に重要さを増す人間の感情 感情を込めた表現が人の心を動かす