crisis-management

 コロナ疲れで世界的にイライラが溜まり、何が起きてもおかしくない状況です。アメリカ、フランス、ドイツなどでは、政府のマスク着用の義務化に反対する抗議デモが起き、治安分析を20年以上行っている私が個人的に今、懸念していることは大規模なテロが起きることです。

 たとえば、フランスでは表向きは政教分離の原則といっていますが、実は度重なるイスラム過激派によるテロを念頭に、イスラム女性が着用するブルカやニガブなど顔面を隠す服装は公衆の場では法律上、禁止されています。理由は町に設置される防犯カメラとコンピュータによる分析精度が向上する中、顔を判別できないことは監視や捜査の妨げになるからです。

 現在のマスク着用は世界中の監視システムに障害を与えています。中国もスマホやさまざまな携帯端末で国民の行動が監視されているといわれますが、防犯カメラも有力な監視ツールです。マスクをしていても顔をある程度判別できるソフトも存在しますが、行動を監視されているテロリストにはマスクは好都合であることに変わりありません。

 コロナ対策に追われる世界各国政府ですが、感染封じ込めと経済活動を同時に行う困難さの中、政府リーダーが評価されることは少ないといえます。正体不明の目に見えない敵との闘いで政府ができることは医療崩壊を起こさないことや感染拡大させないための人との距離、マスク着用、移動制限くらいですが、国民は政府に過大な期待をするものです。

 日頃から政府に批判的な勢力は、ここぞとばかりに批判を強め、感染拡大も経済減速も政府のせいだと語気を強め、そのうち、このテーマと関係のないことでも政府批判を強めています。各国指導者は不慣れな疫病対策で専門家の意見に翻弄されながら、成果を出せなれば国民の厳しい批判に晒される恐怖にさいなまれています。

 これは国だけでなく、自治体、企業、団体も同じです。危機(クライシス)マネジメントは、危機発生後の対応です。リスクマネジメント全体からすれば、圧倒的に比重の大きいのは危機を前提とした備えの部分です。それが不十分な場は発生後の危機対応は右往左往してしまいます。

 特にカントリーリスクに属する自然災害、戦争、クーデター、テロ、疫病などの危機は、人命に関わる最重要事項なため、起きる前の備えがないことは深刻です。ただ、今は疫病対策の備えをうんぬんするより、起きた危機にどう対応し、乗り越えるかです。

 まず、「日本は先進国では感染死者数が少ない方だ」とか「日本はうまくやっている」などの考えは完全に棄てるべきです。なぜなら危機拡大には非常に複雑な要素があり、たとえば国の指示を真面目に守ろうとする国民性や、もともとマスクをする習慣がある、キスや抱擁など濃厚接触の生活習慣がないなども感染拡大が抑えられている要因です。

 しかし、感染拡大を押さえ込み、経済被害を最小化するための危機マネジメントは絶対必要です。どんな真面目な国民でもコロナ疲れや経済困窮が理由で、いつ爆発するか分かりません。事実、夜の町、若者のクラスターが発生しており、国民のモラルの高さを頼りにするようでは、本当の危機対応とはいえません。

 そこで危機発生後に重要なのがリーダーシップです。それも時間との闘いなのでダラダラと議論し、日本特有の「落とし所を探る」スタイルのリーダーシップは、まったく不向きです。どんな決定にも批判をつきものです。しかし、何もしないほど危機対応でまずいことはありません。

 問題は複雑化する社会の中で国も企業も専門性が高まり、分業化が進んでいるため、どうしても物事を決定する方法が煩雑になりがちです。民主的プロセスも重視され、決定プロセスは複雑にし時間が掛かります。そのため中国やベトナム、政府は強権を持つ国の危機対応は迅速だと指摘されています。

 民主主義の国は独裁リスクを最も恐れるので、意思決定プロセスになんとか民主的なプロセスを入れたいために透明性を高めることが求められる一方、判断を下す人の顔が見えず、責任の所在は不明確になりがちです。ところが危機対応では通常の意思決定とは異なる体制が必要です。

 それはリーダーに権限を集中させ、迅速に対応することです。リスクマネジメントの基本には、二つのリーダーが存在します。ひとつは発生した危機に対応する場合、危機に最も近い人間がリーダーになるべきというリスクオーナーと呼ばれる存在です。その一方で現場でできないことを含む巨額な資金調達、高度な政治判断などはトップリーダーに委ねられるべきものです。

 われわれがリーダーを選ぶ時、今後は危機マネジメントに強いか弱いかは重要な判断になると思われます。なぜなら疫病だけでなく、米中対立から戦争リスクも高まっているからです。権限と責任を明確化し、平時ならともかく、有事の際は「何でも皆で決める」というのはスタイルは通用しません。頭を切り替える必要があります。

ブログ内関連記事
超内向き志向が引き起こす弊害 困難な時代だからこそ保身に足を取られない未来思考が必要
危機で重要なリーダーのメッセージ 簡潔さや馴染んだ言葉を使う以上に重要なリーダーの思いの世界の伝え方
コロナ禍のストレステストでリーダーが合格すれば、国も組織も強靱になり発展が期待される
筋が通ったリスクマネジメント 優先順位を決められない場当たり的対応が失敗を招く