Cala_Bassa_-_panoramio_(3)
    スペインの人気のビーチ、Cala Bassa 

 年間の外国人旅行者数でフランスに次ぐ世界第2位の8,000万人を越える旅行者を毎年迎えるスペインは、OECD加盟国のGDPに占める観光業の割合は2018年、世界トップの11.8%、観光業に携わる人は労働人口の13.5%と非常に高い。そのスペイン経済を支える観光業が今年はコロナ禍で悲鳴を上げている。 

 英国政府は25日、スペインからの全ての入国者を検疫し、14日間隔離することを講じる措置を開始しました。スペインで新型コロナウイルスの感染拡大第2波が本格化したことを受けての措置。しかし、ヴァカンス真っ只中の措置だけにスペインの現地メディアは、大量のキャンセルを受けるスペインのホテル業者の衝撃を伝えています。

 ワットリー英保健相はスペインへの渡航制限の突然の決定について「感染拡大を防ぐのに急を要した。適切な判断だった」と説明しています。一方、封鎖措置解除でようやく活動再開にこぎ着けた欧州の航空産業や英国・スペイン両国の観光業がヴァカンス時期に受けるダメージは甚大です。

 スペインのアランチャ・ゴンザレス外相は「ヴァカンス客を迎えるため、万全の公衆衛生対策を講じていると国外に説明してきた」として、英政府はスペインへの旅行規制を変更したことに謝罪がないと不快感を表明。英国に対して「感染拡大が深刻な地域に絞って渡航を制限すべき」と苦言を呈しました。

 騒ぐのも当然です。スペインにとって英国は観光では最大の得意先で、年間を通じて英国からの旅行者は1,800万人で外国人旅行者のトップ。続くドイツやフランスを大きく引き離している。コロナ禍の8月末までの2か月間だけでも今年は180万人の英国人がスペインに向かう予定でした。

 1番の問題は英国政府の決定が唐突で、それもスペインからの帰国者の14日間隔離措置が施行されたのが発表から数時間後だったことです。中には英国からスペインに到着直後に知らされた英国人の家族連れもいて、せっかくのヴァカンスは一挙に熱が冷めた形です。

 スペイン政府はこれまで徹底したコロ対策をアピールし、安全性をウェブサイトなどで国外に伝え、すでにホテルや航空便は多くの予約を受けていました。しかし、今回の決定を受け、欧州最大の旅行会社TUIは26日付で英国からスペインに出発する8月9日までの全ツアーを中止することを決め、その後に入っているツアーの見直しも開始したとしています。

 最大の顧客を失ったスペインの観光業界は、お先真っ暗な状況で、ただでさえコロナ禍での経済ダメージが欧州連合(EU)ではイタリアに次ぐ規模で、膳弱な経済は危機に瀕しているときの英国の決定。スペイン政府が英国に謝罪を要求するのも無理はありません。

 ただ、英国側の言い分にも説得力もあります。最近、スペイン・マヨルカ島で夜間、若者がナイトクラブや路上などで狂乱パーティーを行い、政府が慌てて取り締まった例も。スペインでのヴァカンスでは若者が羽目を外すのは慣例。ヨーロッパの若者なら誰もが知っていることです。

 ビーチや繁華街で酒を飲み、踊って夜を明かす姿は今年も健在で、英国が震え上がるのも当然。スペインと並び、夏のヴァカンスのメッカであるフランスも同じような状況はありますが、外国人嫌いのフランスと違い、観光で生きるスペインはお客様は神様で、制御は難しいと見られています。

 当然ながらスペインの観光地は、クラスター(集団感染)の発生源になっており、スペイン保健省は24日、900人以上の新規感染者を確認したと発表、マドリッド、バルセロナ、バレンシア、アンダルシア地方で感染者が急増し、ナイトクラブや深夜営業のバーを2週間閉鎖する措置をとったばかりでした。

 英国は毎年のことなので、今後、英国人をスペインに送り込めば、コロナウイルスを持ち帰るのは確実と判断したわけです。スペインからの帰国者については、ノルウェーも同様に自主隔離を求めている。スペインに集まる欧州や米国からの若者の羽目の外し方はフランス人も驚くほどで、取り締まれるとは誰も思っていません。

 スペインの太陽と白い砂浜、エメラルド色の海、イスラム文化も残るアンダルシア地方、豊かなスペイン料理、情熱的な人々は、欧州の人々を惹きつけ圧倒的な人気を誇ってきました。結果的に観光業は国の経済の柱となり、それがコロナ禍で致命傷を負った形です。

 実は伝統的に裕福で旅行好きの英国人はスペイン、フランス、イタリアなどの南欧諸国にとって最大の顧客。1年中曇った肌寒いグレーな英国では、なんと国民の40%が可能なら英国以外に住みたいと考えているという統計もあるくらい。事実、フランス西部ブルターニュ地方には英国人の人口がフランス人より多い村もあるくらいです。

ブログ内関連記事 
眩いばかりのスペインの日差しに照らし出された感動のソローリャ作品の世界
外国人観光客1億人をめざすフランスの観光戦略は地方のダイバーシティとイメージ戦略
今年の南仏最強の競争相手はコスタブラバ