news-2094394_1280

 今、日本で次期首相として頭角を現す政治家は何人いるかと聞かれて、すぐに答えられる人はあまりいないでしょう。40年間参議院事務所に勤め、日本の政治を見つづけた高校の先輩に、政界再編をどう思うかと聞いたら「今は政界再編を主導できるような政治家は見当たらない」といわれました。

 長い目で見るとバブルが弾けた辺りから、あまりにも日本は政権が目まぐるしく変わり、政治不信が長期化したため、憧れを持たれるような魅力ある政治家はいなくなったようにみえます。政治家をめざす優秀な人材は激減し、小粒で軽いという印象です。

 編集者時代の1980年代、職場が永田町の隣の平河町だったこともあり、議員会館には仕事で出入りすることが多かったのですが、大物議員にはオーラがありました。そんなオーラのある政治家は、今は見当たりません。官僚なのか政治家なのか分らないような政治家が多数を占めています。

 実は、これは日本だけの現象ではありません。たとえばフランスを見ても、なぜ、39歳のマクロンがどうして大統領になれたかといえば、まず、中道右派に大物政治かがいなかったからです。オランド左派政権に国民が失望する中、少なくとも左派候補者は支持されない状況でしたが、勢いに乗る極右のマリーヌ・ルペン候補に対抗できる中道右派の候補者はいませんでした。

 結果、中道で30代と若く、経済に強いスーパーエリートのマクロン氏が注目され、右派と左派を時計の振り子のように行ったり来たりする流れを断ち切りたい有権者は、中道という新しい選択肢に懸けることをしたわけです。それも投票棄権者が多かったことを見るとけっして爆発的な支持でもなかったということです。

 フランスも日本同様、官僚が強い国ですが、官僚に毛の生えたような政治家は少なくありません。エリート政治家や高級官僚を排出する国立行政学院(ENA)出身の政治家は多いのですが、国を動かせるようなスケールの大きいすリーダーは見当たりません。

 人々は東西冷戦後の経済の時代にあって、グローバル化が進む世界に生きていく上で、あたかも政治の役割が薄れているようにも見えているということかもしれません。今回の新型コロナウイルスの猛威で改めて国しか頼れる存在がないことに気づかされているのは日本だけでないでしょう。

 政治の劣化と共にジャーナリズムの劣化も気になります。SNSの発達で人々は自分の意見をいえる場ができた一方、ジャーナリズムを支えた新聞という紙媒体が衰退し、豊富な資金力で丁寧な取材をすることが少なくなりました。元気だったテレビでさえもネットニュースに視聴者を奪われているのは世界中同じです。

 ジャーナリズムのビジネスモデルが大きく変わろうとしている今、正確な情報が既存メディアに集らなくなっている一方、SNS上には高い見識を持つ編集者によって選定された情報ではなく、フェイクニュースやデマ、憶測が蔓延り、ジャーナリズムもそのSNSに振り舞わされています。

 所詮、ジャーナリズムもビジネスなので、金にならない報道は後回しです。大衆におもねる報道が多くなり、真実はなかなか報道されなくなっています。私に資金力があれば、新型コロナウイルスの脅威押さえ込みの初動を間違った中国政府と、その中国に忖度して警告を遅らせた世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長について、徹底した調査をするでしょう。

 権力を監視するのがジャーナリズムというなら、ネットで盛り上がっている様なトピックではなく、徹底して誰も知らないがとんでもなく間違っていることを取材し、報道するのが基本のはず。たとえば中国ウイグル族への政府の弾圧は英BBCや米ウォールストリートジャーナルが丹念な現地取材で報じなければ世界に伝わることはありませんでした。

 今のマスコミには根拠のない政権批判や憶測記事があまりに多く、専門家といわれる人々も答えてはいけないことにまで平気で言及しています。特にコメンテーターといわれる人々はバランス感覚が見識や自分の意見に優先され、誰でも話せることしか話していないように見受けられます。

 特に独自の主張や主体性のない日本人は、誰か偉い人がいうことに引きずられていく傾向があり、いつも周りの空気を読んで生きているために、メディアやSNSの影響を受けやすく、正確な情報ではない憶測で物をいっているコメンテーターに疑いも持たないケースは少なくありません。

 民主主義を支えるのは有権者一人一人の良心であり、それを健全に機能させるために政治とジャーナリズムがあるのはいうまでもありません。ところが、今は経済主導のコマーシャリズムが圧倒的力を持ち、人気があればフェイクニュースにも簡単にマインドコントロールされてしまう時代です。

 私は個人的には人間に良心が残っている以上、長い目で見ればフェイクなものは自然淘汰されると考えています。でもファイクなものは糾弾されるべきでしょう。放置すればウイルスのように蔓延るからです。それと政治やジャーナリズムの劣化だけでなく、良心を日々磨く宗教が軽んじられていることも先進国の深刻な問題だと思います。

ブログ内関連記事
デジタル時代の言論統制 言論や表現の自由が保障されている国の方が少ないかもしれない
世界のリアリティへの感性の薄さがグローバルビジネスの足かせとなる
世界は「分断の時代」「世界大戦勃発前夜」にあるという論調の信憑性