feedback-satisfaction-customer-client

 令和初の大納会を迎えた東京株式市場は30日、日経平均株価の終値が2万3656円62銭と、年末としてはバブル期の1990年以来29年ぶりの高値を記録しました。アメリカも今年後半は一貫して株価が上昇傾向で年末を迎えました。米中貿易摩擦による不安が後退したなどが主要因とされています。

 特に弾劾の危機に晒されているトランプ米大統領は、何度も景気後退を指摘されながらも、株価だけ見れば、米中貿易戦争の緊張状態で下落した時期もありましたが、一貫してアメリカ経済は堅調な伸びを見せてきました。

 一方、GAFA(グーグル、アップル、ファイスブック、アマゾン)という巨大IT起業は健在で、4社の時価総額は合計すると世界第4位の経済大国ドイツの国家予算を超える規模だそうです。まさに革新的テクノロジーによるデジタル革命の巨人たちというしかなく、その富の集中は今年を振り返っても不動のように見えます。

 まさに新しいテクノロジーが富を生み、その富によるテクノロジービジネスへの投資でさらにテクノロジーやサービスが進化している状況です。当然、投資家は最大限の注意を払い、一儲けできそうなシリコンバレー発の起業した小さな起業への投資意欲も衰えていない状況です。

 人類は18世紀半ばから始まった産業革命以来、テクノロジーの進化とマネーが人間の経済活動の中心となり、今もそれは変わりません。とくにデジタル革命により物理的距離や時間を超えられたことが圧倒的に大きく、インターネットの普及で、一挙にグローバル化が進んだのも新しい状況です。

 パリ近郊に住む親戚の家を最近訪れた際、彼らの住む地域でインターネットがプロバイダーの大元のOrange(旧フランステレコム)の技術的問題でネットが1週間繋がらない状況だというのです。彼らの家はテレビもネット経由で見ており、電話もIT電話なため、家の中でもスマホしか使えない状況でした。

 1週間もテレビを見ていない住人は「今ではアフリカでも皆スマホを持ち、WIFIも普及している。この地域はアフリカ以下だ」と嘆いていました。ネットの普及で表面的な情報はどこでも取得できるようになり、逆にその量の多さから物事の理解を深める習慣が希薄になっています。

 人間の幸福度は満足度に比例しているといわれますが、テクノロジーとマネーの連携が生み出すものは人間に期待感を与え、欲望を増幅させる一方、果たして持続可能な満足感、つまり幸福に繋がっているかは極めて疑問だと思っています。

 このブログに何度か書きましたが、テクノロジーとマネーで先頭を走るアメリカで毎年報告される「自分の仕事に意味があると感じる職業ランキング」で、高校の校長や大学入学資格を得る学校の教師などが1位にランキングされているのは意外な事実です。

 それを見ると「意味がある」、つまり心の満足度が高い職業がテクノロジーやマネーとは無縁のところにあることがはっきり分かります。アメリカの大学生の就職希望ランキングのアンケートで、GAFA以上にNGOが上位にきているのも興味深いものがあります。

 パリの国境なき医師団で財務部長を務める人物は、私とのインタビューで「私は銀行に10年以上務め、高給を稼いでいたが、週末の国境なき医師団のボランティアの満足度は、はるかに上だった。だから、給料は3分の1になったが、エキサイティングな活動に転職した」と語っていました。

 つまり、持続可能な満足感は利他的に生きることにあるということです。私自身、有益な情報をジャーナリストとして提供したことが評価されるほど嬉しいことはないし、研修が大いに役に立ったと受講者や企業から感謝されるほど満足することはありません。

 ではなぜ、テクノロジーやマネーは再現のない欲望を与えるにも関わらず、持続可能な満足に繋がらないのでしょうか。テクノロジーもマネーも本来、人間が生活を営むための手段であって、目的ではないからです。主人であるべき人間がテクノロジーやマネーに隷属化し、目的になってしまっていることが問題だと私は考えています。

 手段が目的化していいことはありません。テクノロジーもマネーも利便性をもたらす手段であって、それが目的化し、さらに拝金主義という宗教のようになってしまっている。手段でしかないものを目的化すれば、麻薬のようなもので魔物化してしまいます。

 麻薬は依存症を生み、それがないと生きていけない状態に陥ります。期待感という人参を目の前にぶら下げられ、果てしない欲望の渦に巻き込まれていくということです。結果、人間は利己的な自由を求め、家族を破壊し、共同体を破壊する恐れがあるということです。

 高額の宝くじが当たった人の多くが人生を狂わせてしまっているように、マネーという魔物にとりつかれるほど、恐ろしいことはありません。その意味で手段と目的が逆転していないか、私は常に自戒しながら生きようと自分に言い聞かせています。

ブログ内関連記事
刻石流水の深い意味を安易にビジネスに応用するのは日本的偽善
人生で本当の満足を得るには、自分に合った仕事を見つける以上に意義ある仕事を見いだすことが大切では? 
グーグルが掲げる理想主義に集った社員を失望させたセクハラ処理問題、巨大テクノロジー企業に偽善はないのか
IT系企業のお気軽「世界を変えたい」が世界を破滅させる