178px-Harvey_Weinstein_2011_Shankbone

 米ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が、約30年間にわたり、セクハラ行為を繰り返し、米アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーから除名されたニュースは、世界に波紋が拡がっています。

 同事件は、20名以上の大物女優の告発で明らかになったもので、男性俳優も被害を告発する事態となり、映画発祥の地、フランスでも注目を集めています。そのため、仏国営TVフランス2は、映画産業ではなく、一般社会でのフランスのセクハラ問題の最新事情を紹介しています。

 私自身も、フランスの性犯罪について約20年前に取材した経験がありますが、当時、セクハラ被害報告件数が急増する現象が起きていました。理由は過去に起きたセクハラ被害を期限なく告発できるようになったからで、それまで沈黙していた被害者の女性たちが、重い口を開くようになった時期でした。

 TVフランス2の報道によると、最も多い被害は上司からのセクハラで、上司をセクハラで訴えた被害者の95%が、たとえ勝訴したとしても会社を失職しているというデータが紹介されていました。

 また、セクハラは、被害者が屈辱的で恥ずかしさを感じるため、訴えようとしない現実も紹介しています。さらに目撃証言は少なく、たとえ目撃しても自分の立場を考えて証言しない同僚がほとんどで、結果的に事実の立証は本人だけとなり、司法の場での争いも2人だけということになる現実を指摘しています。

 フランスでは、2012年にセクハラへの罰則が強化され、最大禁固3年、45000ユーロの罰金が課されるようになりました。とはいえ、セクハラ被害が減っているわけではない。ただ、専門家の意見として、救いはセクハラに悩む女性をサポートする民間団体が近年増え、活動が充実してきたことだと指摘しています。

 欧州連合(EU)は、セクハラの概念を以下のように定義しています。「セクシュアル・ハラスメントは、性に関連した求められざる行為が、人の尊厳に影響を与えるか、または脅迫的、敵対的、もしくは妨害的な職場環境を作り出す目的で、または結果として行われたことをさす。特に、もしそのような行為への拒絶、または服従が当該個人に影響する決定の根拠として用いられる場合には、職場における性別を理由とした差別と見なされる」

 さらに具体的には:
 1、昇給や雇用条件の改善、解雇の回避等、雇用の恩典と引き換えに性的要求をする。
 2、上記の性的要求を拒否した結果、解雇や降格をほのめかす、あるいは行う。
 3、性に関する不快な職場環境の継続。
 4、不快を明確にしている相手に対して、性的興味や要求、性的話題を繰り返す。

 日本の駐在員も含め、セクハラは世界的に罰則が強化される傾向にあり、放置できない問題になっていることを知るべきです。自分が加害者にならないために職場の同僚のナショナルスタッフを注意深く観察し、何が許され、何が許されないのかを見極めることが、第一歩と言えます。

 たとえば、ヨーロッパでは男女間も含め、親愛の情を表すために頬にキスをする習慣があります。だからといって体にベタベタ触るのはNGです。イスラム圏では女性が自分から握手を求める場合を除き、男性から女性に握手はしません。国によって習慣が異なることも知っておくべきです。

 同時にセクハラ問題の回避には管理職の役割が非常に大きいのです。たとえば職場の管理職と一般職員の人間関係を円滑にすることが、セクハラのような微妙な事柄を訴訟に持ち込む前に処理することにも役立ちます。また、セクハラ対策トレーニングを実施し、セクハラ対策に会社が本腰を入れて取り組んでいる姿勢を示すことも重要です。

 今回のハリウッドのプロデューサーのセクハラ疑惑で、告発に踏み切る被害者が増えるだろうと、フランスメディアや専門家は指摘しています。今後は訴訟に持ち込まれても、失職しないで済む制度の整備も必要でしょう。

 米映画芸術科学アカデミーは声明で、セクハラ行為を見て見ぬふりをする時代は終わったと言っています。派手なエンターテイメントの世界で誰もがそうだろうなと思っていたセクハラを終焉させようという今回の事件が、単なるスケープゴートにされないように願うばかりです。